9:00〜12:00

14:00〜17:00

〒133-0057 東京都江戸川区西小岩1-23-2 4F

03-5668-2233

TEL

アクセス

JR総武線小岩駅から徒歩0分

〒133-0057
東京都江戸川区西小岩1-23-2 4F

受付時間

 

午前

午後

午前/9:00〜12:00
午後/14:00〜17:00

休診日:木曜、日曜、祝日
臨時休診のお知らせはこちら

ブロック注射とは?

痛む部位の神経付近に麻酔薬を注射することで、痛みを取る治療法です。

日帰りで行うことができ保険が適用されます。

痛む部位の神経付近に麻酔薬を注射することで、痛みを取る治療法です。

ブロック注射はどんな痛み・病気に効きますか?

腰や肩、ひざ、首、手足など全身の痛みに適用されます。

他にも帯状疱疹や突発性難聴、顔面神経麻痺などに対しても有効です。

詳しく知りたい方は、下記よりご覧ください。

痛みの部位・疾患

ブロック注射はどんな痛み・病気に効きますか?

ブロック注射はどんな痛み・病気に効きますか?

ブロック注射はどんな人におすすめですか?

痛みにお悩みの方の中でも下記のような方におすすめです。

ブロック注射はどんな人におすすめですか?

薬を飲んでいるが、効かない方

痛みを今すぐなんとかしたい方

電気治療やマッサージなどを試しても楽にならない方

入院して手術できるほど長期間休めない方

手術後の痛みや違和感が残っている方

他院で受けてみたが、楽にならなかった方

ブロック注射にはどんな効果があるの?

一時的な麻酔効果だけでなく、興奮して過敏になった神経を落ち着かせ患部の状態を改善させます。

「ブロック注射は一時的な麻酔にすぎず、薬が切れたら元の状態に戻る」と思われがちですが、ブロック注射の治療効果は「一時的な麻酔」だけではありません。
ブロック注射の重要な効果は、麻酔によって興奮した神経を落ち着かせ「痛みの悪循環」を断ち切ることにあります。

「痛みの悪循環」とは「痛み」→「痛みで神経が興奮」→「血管や筋肉が緊張」→「血行が悪化」→「痛みが増す」というサイクルを指します。 麻酔で「痛みの悪循環」を断ち切り、血行が改善されると麻酔が切れても、注射前と比べて患部の状態が改善されているため痛みを和らぎます。

ブロック注射の痛みってどれくらい?

注射の痛みは、注射の種類によって異なります。

痛みは、注射の種類によって異なりますので一概にはいえません。「ほとんど痛みを感じなかった」と言われる注射から、中~強度の痛みを伴う注射もございますので、各ブロック注射の詳細ページをご覧ください。当院では痛み軽減のため下記のような工夫を行っています。

注射の痛みを軽減する工夫

1.点滴や採血よりも細い針を使用

2.皮膚麻酔してから実施

3.選択できるブロック注射の中でも痛みの少ないものから開始

ブロック注射の安全性は?リスクはないの?内はどんな感じ?

医療行為のため合併症や副作用の危険性は0ではありません。だからこそ安心できる技術や豊富な経験が求められるのです。

主な合併症には、感染、出血、神経障害、局所麻酔中毒などがありますが、発症頻度は非常に少ないものです。

ブロック注射の費用は?

場合によって異なるため、下記に例をあげます。
詳しくはお問い合わせください。

■ 腰椎椎間板ヘルニアで硬膜外ブロック注射を受けた場合(3割負担の方)

  • 初診: 約4900円 = 初診料 + ブロック注射 + レントゲン検査
  • 再診: 約2900円 = 再診料 + ブロック注射

■ 頸椎椎間板ヘルニアで星状神経節ブロックを受けた場合(3割負担の方)

  • 初診: 約3500円 = 初診料 + ブロック注射 + レントゲン検査
  • 再診: 約1500円 = 再診料 + ブロック注射

※使用する薬剤やレントゲン枚数によって医療費は増減します。

当院のブロック注射は、すべて健康保険が適応されますので、ご来院の際は保険証をご持参ください。

ブロック注射受診の流れ

ブロック注射にはさまざまな種類があるため、一概には申し上げられませんが、およそ下記のような流れとなります。

  • 予約(お電話・WEB)
  • 来院・受付
  • 問診
  • レントゲン検査
  • 診察・触診
  • ブロック注射
  • 休憩
    (休憩不要の注射もありますが、注射の種類によっては30~40分安静にしていただきます)
  • 医師と効果判定
  • 帰宅

初診:在院目安 1〜2時間
再診:在院目安1時間(③④は省略)

おすすめコラム

お急ぎ「今すぐ痛みを何とかしてほしい!」方はこちら
お急ぎ「今すぐ痛みを何とかしてほしい!」方はこちら
表示しない